飾り熊手

飾り熊手

熊手は農具、掃除道具として使われてきましたが、

 

鉄製の武具としても、利用されていたそうです。

 

熊手には、空間や魂をかき集めるという信仰もあり、

 

福、運ともにかき集めてくる縁起物として、

 

積極的な招福の意味があります。

 

 

飾り熊手には、鯛、打ち出の小槌、稲穂、松竹梅、

 

お札、お福さん、米俵など、

 

おめでたい縁起ものが沢山飾られていて、

 

熊手は枝しか見えないくらいに飾りつけられていたりします。

 

 

飾り熊手は、江戸時代の中期以降に生まれたそうで、

 

江戸の大鳥神社の十一月の酉の市から、といわれています。

 

商売屋や庶民の参拝が多く、

 

酉の市で、とりを取り込む、と意味合いにかけて、

 

縁起をかついで参拝する人が増えるにつれ、

 

次第に縁起ものをいただくお祭りになっていったそうです。

 

 

飾り熊手は、全体に赤いものを飾った「赤もの」と、

 

熊手の上に青い松のさしものがついた「青もの」とあります。

 

赤ものは手作りなので貴重品です。

 

青ものは招福物の完成品を、熊手の業者が取り寄せて、

 

組み立ててつくるそうで、現在はほとんど青ものが、

 

主流となっているそうです。

 

 

現代では商売繁盛を祈願して、

 

商店や飲食店などで、店内のわりとよく目につくところに、

 

飾ってあります。

 

飾り熊手関連エントリー

達磨(だるま)
縁起は、幸せを呼ぶもの
お札
縁起は、幸せを呼ぶもの
赤飯
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
数珠(じゅず)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福助
縁起は、幸せを呼ぶもの
招き猫
縁起は、幸せを呼ぶもの
福蛙(福帰)
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
ふくろう(福来郎)
縁起は、幸せを呼ぶもの
絵馬
縁起は、幸せを呼ぶもの