絵馬

絵馬

神様が現れるときには、馬にのってこの世に現れるといういわれがあり、

 

奈良時代以降、みこしのかわりに馬に鏡を取り付けた榊を、

 

馬の背にたてて、天から下ってこられるのを待つ、

 

神事があったそうです。

 

下って神様に豊作等の祈願をする際、

 

馬とのかかわりが深かったことから、

 

馬が社寺へ奉納されるようになっていき、

 

それが、土製や木製の馬形に代用されていったそうで、

 

やがて馬の絵を描いた「絵馬」にかわっていったようです。

 

 

絵馬が一般的になっていったのは、鎌倉以降で、

 

そのころには、祈願の内容によっては、

 

馬以外のものも描かれるようになっていったそうです。

 

 

江戸時代には、絵心のある職人も現れるので、

 

絵馬屋や絵馬師が、注文に応じてさまざまな絵を、

 

絵馬に書き残していったとのこと。

 

絵馬には、人々の病治癒の願いや安全、豊作などを

 

祈願した絵がさまざまに描かれていきます。

 

庶民の個人的な祈願が託されている絵馬ですが、

 

絵柄は奉納する神によって、だいたい決まっています。

 

しかしながら、個性的で奇抜な絵柄も中にはあります。

 

 

通常社寺でみられるのは、小絵馬で、

 

横幅が30センチ以内のものです。

 

大きな社寺の本堂や絵馬堂には、幅2メートルをゆうに超える、

 

大絵馬が飾られていることもあります。

 

 

現代でも、合格祈願をする受験生と絵馬は、

 

毎年話題になっていますが、

 

社寺にもうでる際に、絵馬に願いことを託してくるのは、

 

ごく当たり前に続いています。

 

絵馬関連エントリー

達磨(だるま)
縁起は、幸せを呼ぶもの
お札
縁起は、幸せを呼ぶもの
赤飯
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
数珠(じゅず)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福助
縁起は、幸せを呼ぶもの
招き猫
縁起は、幸せを呼ぶもの
福蛙(福帰)
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
ふくろう(福来郎)
縁起は、幸せを呼ぶもの
飾り熊手
縁起は、幸せを呼ぶもの