信楽焼きの狸、大きいものだとゆうに2メートルをこすものもあります。

 

愛嬌のある狸の置物ですが、

 

玄関先にあって、「泥棒除け」のためというのが、

 

一番の目的のようです。

 

 

狸は徳利と大福帳を持っていますが、

 

徳利は「徳を利する」→「徳を得る」ので、縁起がいいものです。

 

大福帳はお得意先を信用して、商品を先渡しした際の、

 

覚書ですから、商売上大変重要なもので、

 

人を信用するという気持ちを表し、お店を守ってくれています。

 

また笠をかぶっていますが、笠は「災難除け」の意味で、

 

かぶっているそうです。

 

 

ほかにも狸の大きく開いた目は、世の中の動きをしっかり見、

 

大きいお腹は、その人の心の豊かさを表し、

 

地につく大きな尻尾は、地に足をつけて、

 

堅実に仕事をしなさい、という意味があるそうです。

 

そういったことから、今のような狸の形になって、

 

縁起ものとして、特に商売屋の店先に置かれるようになったそうです。

 

狸関連エントリー

達磨(だるま)
縁起は、幸せを呼ぶもの
お札
縁起は、幸せを呼ぶもの
赤飯
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
数珠(じゅず)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福助
縁起は、幸せを呼ぶもの
招き猫
縁起は、幸せを呼ぶもの
福蛙(福帰)
縁起は、幸せを呼ぶもの
ふくろう(福来郎)
縁起は、幸せを呼ぶもの
絵馬
縁起は、幸せを呼ぶもの
飾り熊手
縁起は、幸せを呼ぶもの