数珠(じゅず)

数珠(じゅず)

昔から花嫁道具のひとつにもなっていて、

 

数珠をもって仏様を念じることで、

 

煩悩を消し、功徳を得られるとされています。

 

 

数珠の材質はさまざまで、水晶、メノウ、珊瑚などの宝石類、

 

香木である、黒檀、白檀、紫檀、菩提樹の実をはじめ、

 

さまざまな木が使われます。

 

水晶は透き通ているので魔よけの意味があり、

 

良く使われます。

 

 

手にもっているときは、左手に持つか左手首にかけ、

 

合掌するときは、両手の親指と人さし指にかけます。

 

 

最近では腕輪の数珠もよく使われます。

 

腕輪の数珠は、左右どちらの手首につけても、

 

効力に違いはないとされています。

 

 

もし数珠がこわれてしまっても、特に縁起が悪いとかんがえなくてもよく、

 

数珠が自分の身代わりになってこわれてくれた、と、

 

考えればいいそうです。

 

いつも大切に扱うよう心がけていればよく、

 

こわれたら社寺に、納めるようにします。

 

数珠(じゅず)関連エントリー

達磨(だるま)
縁起は、幸せを呼ぶもの
お札
縁起は、幸せを呼ぶもの
赤飯
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
福助
縁起は、幸せを呼ぶもの
招き猫
縁起は、幸せを呼ぶもの
福蛙(福帰)
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
ふくろう(福来郎)
縁起は、幸せを呼ぶもの
絵馬
縁起は、幸せを呼ぶもの
飾り熊手
縁起は、幸せを呼ぶもの