赤飯

赤飯

お祝いごとには、必ず赤飯を食べてきました。

 

赤飯は、もち米、豆、小豆の赤があいまって、

 

おめでたいものばかりの集まりです。

 

 

もち米は縁起のいいお餅を食べる習慣の名残りとして、

 

豆はマメに働けるように、

 

小豆の赤は魔よけの意味、

 

そして小豆はあずきの音から、けがれを落とし、

 

身を清めて神に仕える「斎(いつき)」に通ずることから、

 

強い魔よけの意味を持っているそうです。

 

 

赤飯の上に、南天を裏返したものを置きます。

 

これは南天が「難を転じる」の語呂から用いられ、

 

さらに難を転ずる意味から裏返すようになったとのことです。

 

 

赤飯関連エントリー

達磨(だるま)
縁起は、幸せを呼ぶもの
お札
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
数珠(じゅず)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福助
縁起は、幸せを呼ぶもの
招き猫
縁起は、幸せを呼ぶもの
福蛙(福帰)
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起は、幸せを呼ぶもの
ふくろう(福来郎)
縁起は、幸せを呼ぶもの
絵馬
縁起は、幸せを呼ぶもの
飾り熊手
縁起は、幸せを呼ぶもの