福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿は、幸福、高禄、長寿の三つの徳を、

 

与えてくれるとして、信仰されています。

 

また方除けの神ともされていて、

 

京都では北東の鬼門にあたる赤山禅院に祀られて、

 

都を守っているとういうことです。

 

 

福禄寿の名前が、福を授けるという意味で、

 

「福」という文字そのものに、

 

深い意味合いが込められているのだそうです。

 

 

つまり、「福」という文字のへんは、神を祈り、

 

礼を知ることを表していて、一心に働き、

 

よいものは吸収し、悪いものは口にしない、

 

ということなのだそうです。

 

たやすく福を得るのではなく、

 

真面目な心構えを持ちながら生きる姿勢のようなものを、

 

諭していると考えられるわけです。

 

 

福禄寿は枕と宝珠を持っています。

 

枕は安らかに眠ることを表し、

 

宝珠は福という力が込められているそうです。

 

 

また福禄寿にお供しているのは鶴です。

 

吉祥のしるしであり、縁起ものの代表格でもあります。

 

 

福禄寿(ふくろくじゅ)関連エントリー

恵比寿神(えびすじん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
大黒天(だいこくてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
毘沙門天(びしゃもんてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
弁財天(べんざいてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
寿老人(じゅろうじん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
布袋尊(ほていそん)
縁起は、幸せを呼ぶもの