毘沙門天(びしゃもんてん)

毘沙門天(びしゃもんてん)

 

毘沙門天は、七福神の中で唯一勇ましい姿の神様です。

 

毘沙門天は勇気を与え、戦いを勝利に導く神様として、

 

古くからあがめられてきました。

 

また学問の神とされる、菅原道真がよりどころとした神であったことから、

 

賢こさも併せ持つ、学問の神様としても有名です。

 

 

いわゆる文武両道の神として、

 

合格祈願などでも、根強い信仰をあつめているそうです。

 

 

右手には武器である「宝棒」、

 

左手には経典がはいっているとされる「宝塔」を持っていて、

 

両足で、邪鬼を踏みつけています。

 

 

戦国武将の、上杉謙信があつく信仰していたことでも知られています。

 

毘沙門天(びしゃもんてん)関連エントリー

恵比寿神(えびすじん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
大黒天(だいこくてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
弁財天(べんざいてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
寿老人(じゅろうじん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福禄寿(ふくろくじゅ)
縁起は、幸せを呼ぶもの
布袋尊(ほていそん)
縁起は、幸せを呼ぶもの