恵比寿神(えびすじん)

恵比寿神(えびすじん)

漁業の神様として古くからあがめられてきました。

 

農耕とともに、漁業は海に囲まれた日本では、

 

非常に重要なもので、暮らしに密着した営みであり、

 

繁栄をもたらすことから、商売繁盛を授けてくださるとされます。

 

 

恵比寿神はえびすさん、といって親しまれています。

 

ふくよかに微笑みながら、めでたい鯛と釣竿を持っています。

 

釣竿を持っているのには、意味があって、

 

網やはえ縄では、魚を一網打尽にしてしまうので、

 

むやみな殺生につながることから、

 

一匹づつ必要なだけの魚を釣り上げる竿を、

 

手にしているのだそうです。

 

 

商売でも、ひとりひとりのお客さんを大切にして、

 

商いを行うのが、商売の道というもので、

 

いつしか商売の神様として信仰されていったそうです。

 

商売の心を説きながら、真面目に心優しく働くという、

 

生き方を教えてくれているようです。

 

恵比寿神(えびすじん)関連エントリー

大黒天(だいこくてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
毘沙門天(びしゃもんてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
弁財天(べんざいてん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
寿老人(じゅろうじん)
縁起は、幸せを呼ぶもの
福禄寿(ふくろくじゅ)
縁起は、幸せを呼ぶもの
布袋尊(ほていそん)
縁起は、幸せを呼ぶもの