七福神

七福神

七つの福を授けてくれるといわれる七福神。

 

お正月になると、よく見かけますが、

 

お正月以外でも、七福神の信仰はあつく、

 

各地で七福神をめぐってもうでる人が大勢あります。

 

 

それぞれの神様のお授けくださる福は、

 

「恵比寿神(えびすじん)」が商売繁盛。

 

「大黒天(だいこくてん)」が開運招福。

 

「毘沙門天(びしゃもんてん)」が勇気戦勝。

 

「弁財天(べんざいてん)」が技芸福徳。

 

「寿老人(じゅろうじん)」が不老長寿。

 

「福禄寿(ふくろくじゅ)」が延命方除け。

 

「布袋尊(ほていそん)」が子宝度量。

 

となっています。

 

 

七福神記事一覧

恵比寿神(えびすじん)

漁業の神様として古くからあがめられてきました。農耕とともに、漁業は海に囲まれた日本では、非常に重要なもので、暮らしに密着した営みであり、繁栄をもたらすことから、商売繁盛を授けてくださるとされます。恵比寿神はえびすさん、といって親しまれています。ふくよかに微笑みながら、めでたい鯛と釣竿を持っています。...

≫続きを読む

大黒天(だいこくてん)

大黒天は大黒さんと言って、親しまれています。右手には打ち出の小槌、左手には福のはいった袋を持って、俵の上にのっています。俵は農業の収穫を意味するもので、五穀豊穣の神様として信仰されてきました。打ち出の小槌は福を呼び出す道具ですから、大黒さんに、打ち出の小槌を打ってもらうことで、幸福がやってきます。打...

≫続きを読む

毘沙門天(びしゃもんてん)

毘沙門天は、七福神の中で唯一勇ましい姿の神様です。毘沙門天は勇気を与え、戦いを勝利に導く神様として、古くからあがめられてきました。また学問の神とされる、菅原道真がよりどころとした神であったことから、賢こさも併せ持つ、学問の神様としても有名です。いわゆる文武両道の神として、合格祈願などでも、根強い信仰...

≫続きを読む

弁財天(べんざいてん)

弁財天は弁天さんといわれて、親しまれています。七福神の中での紅一点です。もともとは河川の神様として、水を神格化したものだそうで、水の化身とされています。水は全てのものを生育させることから、金運や財運の神様として、信仰を集めています。頭には福がおさめられた宝冠をつけ、琵琶を持っています。琵琶に込められ...

≫続きを読む

寿老人(じゅろうじん)

寿老人は不老長寿の神様として、信仰されています。額がたかく白く長いまつげとひげをたくわえています。手には団扇と杖を持ち、杖の中には命を司る巻物が入っている、とされています。団扇は邪気を払うためのもので、難をはらい、福を呼び込むという考え方から、病気平癒などにも、ご利益があるとされています。寿老人が従...

≫続きを読む

福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿は、幸福、高禄、長寿の三つの徳を、与えてくれるとして、信仰されています。また方除けの神ともされていて、京都では北東の鬼門にあたる赤山禅院に祀られて、都を守っているとういうことです。福禄寿の名前が、福を授けるという意味で、「福」という文字そのものに、深い意味合いが込められているのだそうです。つま...

≫続きを読む

布袋尊(ほていそん)

布袋尊は、布袋さんとして親しまれています。布袋さんが持っている大きな袋には、日用品がはいっていて、諸国を行脚して難を取り除き、人々を救ったと言い伝えられています。豪快な笑顔は一度見たら忘れられないほど。大きなお腹と、悠々自適の風貌が、神様らしからぬ印象を与えます。そのお姿から、何事にもこだわらない生...

≫続きを読む