日本人と縁起

日本人と縁起

日本人である私たちは、さまざまなご利益を求めて、

 

神社やお寺におまいりに出かけます。

 

また普段から、神様や仏様にむかって、

 

お願いしたり、祈ったりしています。

 

神社やお寺には、おまいりのあとに、

 

後利益を運んでくれ、身を守ってくれる、

 

縁起ものとしての護符などがあります。

 

私たちは神様や仏様とつながるものを、

 

手元におきたいとも思います。

 

 

もともとは、神社や寺院にあった「由緒書」に、

 

社寺の成り立ちである、因縁生起がかかれてあり、

 

遠方で社寺に参拝できない人のために、

 

その「由緒書」がもち歩かれました。

 

その「由緒書」が毎年同じでは味気ないということで、

 

何か異なった品物を望むようになって、その結果、

 

お礼とともに、寺社にかかわりがあり、

 

後利益が感じられる品物を、添えるようになっていき、

 

それが縁起物としての始まりになったそうです。

 

 

日本全国に、その土地の特色と合いまった縁起ものが、

 

それ以降創出されていき、現代へとつながっていきます。

 

日本人と縁起関連エントリー

お祝い事と縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(一月〜三月)
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(五月、七月)
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(九月、十二月)
縁起は、幸せを呼ぶもの
年のはじめの縁起もの
縁起は、幸せを呼ぶもの