年のはじめの縁起もの

年のはじめの縁起もの

一年の始まりには、縁起のよいものを飾り、

 

その年の家内安全と無病息災を祈願します。

 

 

商店や各家庭の玄関に飾られる「門松」。

 

松と竹を中心に、葉牡丹、千両万両などをあわせた、

 

歳神様を迎えるための、縁起のよい飾り物です。

 

「注連縄(しめなわ)」は、藁をよって、

 

玄関や、各部屋、車などにつけて、

 

神様のご加護をいただく飾り物です。

 

藁には昔から、その場所やものを清めるという意味がありました。

 

 

「鏡餅」は床の間や神棚などに、お供えします。

 

丸いお餅には、人の心や魂をあらわし、

 

満月の望月(もちづき)から生まれた言葉ともいわれています。

 

鏡餅によって神様にその心や魂を供え、

 

そこに歳神様が宿り、新たな力をいただくことになるそうです。

 

 

そのほか、宝船、初日の出の掛け軸、餅花を飾ったり、

 

おせち料理やお雑煮をいただきます。

 

いただくときのお箸も、いつもとは違い、

 

柳の木でつくった、白木の少し太い柳箸を使います。

 

柳も大変縁起のいい木とされています。

 

年のはじめの縁起もの関連エントリー

日本人と縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
お祝い事と縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(一月〜三月)
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(五月、七月)
縁起は、幸せを呼ぶもの
季節にちなんだ縁起もの(九月、十二月)
縁起は、幸せを呼ぶもの