冠婚葬祭での縁起

冠婚葬祭での縁起

冠婚葬祭とは、

 

「冠」=人が生まれそだって、一人前の成人になることで、

 

出生のお祝い、お宮参り、成人のお祝いをはじめ、

 

入進学、就職祝い、新築祝い、開店開業祝いなども含めます。

 

「婚」=一組の男女が、夫婦の契りを交わすこと。

 

「葬」=この世を去る人を、見送ること。

 

「祭」=逝った人の魂を慰め、神さまに感謝をささげる行事。

 

 

おめでたいこと喜ぶべきことに対しては、

 

その喜びを表現する言葉が用いられ、

 

衰退や駆逐するような言葉は、忌み嫌われます。

 

 

お悔やみの言葉や弔電などで、

 

使わない方がよいとされている、忌み言葉は、

 

数字の四と九。

 

重ねる・かさねがさね・再三などの、不幸が重なることに通じるもの。

 

また・たびたび・しばしばなどの不幸がまた来ることに通じるもの。

 

 

良い出来事はたびたび来て欲しいもですが、

 

悪い出来事は二度と来てもらいたくないものです。

 

ですから言葉を選んで用いるのが、

 

常識的で円満なお付き合いをしていく秘訣でもあります。

 

冠婚葬祭での縁起関連エントリー

縁起が良いと縁起が悪いについて
縁起は、幸せを呼ぶもの
お祝いの席での縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起が悪い話・良い話
縁起は、幸せを呼ぶもの