縁起が良いと縁起が悪いについて

縁起が良いと縁起が悪いについて

「縁起が良い」と言えば、一般的に運が良い、

 

あるいは運が良くなりそうな感じがするという意味で用いられます。

 

または吉であると判断します。

 

 

「縁起が悪い」と言えば、一般的に運が悪い、

 

あるいは運が悪くなりそうな感じがするという意味で用いられます。

 

または凶であると判断します。

 

 

縁起は、これから良いこと、悪いことの起こる前兆の、

 

意味で用いられることから、縁起の良いことは、

 

積極的に信じたり利用したりして、

 

気持ちを高揚させることができます。

 

 

反対に、縁起の悪いことに対しては、

 

避けたり、使わないようにして、

 

自分との関係を否定するようにします。

 

 

自分に都合の良いことは、起こってほしいですし、

 

都合の悪いことは、起こって欲しくない、

 

これは誰もが抱く感情です。

 

 

むやみに縁起を信用する必要はないですが、

 

何かをはじめたり、判断に困るときなどに、

 

縁起ものを利用して、よい結果がだせるようにと、

 

想いをのせるのは、悪いことではないでしょう。

 

縁起が良いと縁起が悪いについて関連エントリー

お祝いの席での縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
冠婚葬祭での縁起
縁起は、幸せを呼ぶもの
縁起が悪い話・良い話
縁起は、幸せを呼ぶもの