縁起かつぎで幸運を呼ぼう

縁起かつぎで幸運を呼ぼう

仏教の用語から派生して、よく使われている「縁起」ということば。

 

たいては、「縁起がよい」「縁起が悪い」という使われ方をします。

 

そもそも「縁起」とは、精神的な面も含めて、

 

物事の始まりや縁(条件)の起こりをさしています。

 

それが一般的には、良いことや悪いことの起こる兆しとして、

 

用いられ、縁起の良いものにはあやかろうという、

 

日本の昔からの知恵として伝わっています。

 

 

縁起のよいもの、つまり良いことが起こる兆しのあるものは、

 

それを利用したり、意識したりすることで、

 

自分の身に幸運がもたらされる可能性を秘めています。

 

ですから、縁起のよいものには、うれしい気持ちで、

 

反応し、何かその後よいことに結びつけば、

 

縁起のよいものに感謝する気持ちも生まれます。

 

 

縁起は言い伝えとして、今に残っていますが、

 

迷信と同じように、科学的な根拠をもつものではありません。

 

しかし、めんめんと受け継がれてきた庶民の信仰として、

 

影は薄くなるかもしれませんが、

 

これからも私たちの心を引き付けてやまないはずです。

 

縁起は、幸せを呼ぶものとして、

 

その昔の人々の知恵と文化を受け継ぎながら、

 

これからの時代にも、私たちの心の支えとなっていくと思われます。